» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

cu_ro

Author:cu_ro

こうさぎ

メロメロパーク

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ローションと石鹸(生薬入り)

生薬入りローションと生薬入り石鹸を作ってみました。
今回使った生薬はボタンピとトウキ。
ボタンピの効能は
  美白、肌荒れ、しみ、シワの効果(それと他の生薬成分の薬効を増加させる効果あり?)
トウキの効能は
  抗アレルギー、アトピー、美白効果、抗炎症、保湿効果
生薬はたくさん種類があり、どれも魅惑的なんだけど(笑)、今回ワタシは敏感肌、アレルギー体質でも比較的大丈夫と言われるこの2つをチョイス。
生薬はBGで漬け込みました。

生薬ローションのレシピは一番シンプルなもので、精製水と、全体の5%以内の生薬エキスを混ぜたもの。
それに保湿にベタインまたはグリセリンを加えるのですが、ワタシはヒアルロン酸を数滴加えました。
(そのほうがワタシには刺激が無いので)
無香料なので多少生薬臭さがあるのですが、これが「効きそう」ってカンジでワタシは気に入ってます。
若くて元気なお肌だったら今の季節は、このローションだけで十分っぽいです。
でもワタシは乾燥肌。しかもお肌の曲がり角、いつ曲がったっけ?ってカンジ。ちょっと心配です。
それでワタシは、最近ワタシのお肌にヒットした「cu_ro印ビューティオイル」(笑)をローションでたっぷり水分補給した後、薄く延ばします。ワタシの場合これでOK牧場。

そして生薬入り石鹸なんですけど、
普通にコールドプロセスで石鹸を作るときに加えちゃうと鹸化の過程で負けちゃって効果がないらしく、有効に利用するには鹸化が終了した石鹸にリバッチして生薬を加えればいいそうです。
この石鹸の作り方は、Self-Care CLINICさんDUTYさんに載っていて、微妙に材料やら配合が違うのです。
細かいツッコミ入れちゃうA型のワタシはずいぶん悩んだんですけど(笑)、今回は簡単そうなDUTYさんスタイルで。
更にMOILAさんのレンジを使うってアイディアをパクらせていただき、より簡単に作っちゃいました。
(MOILAさん、ありがとです♪)
ただいま石鹸は、型入れして乾燥するのを待つばかり。
でも待ちきれなくて生薬を練りこんでた容器についてた石鹸で手を洗ってみたんだけど・・・なんか白くなってる??みたいな。うひょひょ
(ワタシ、絶対簡単に催眠術にかかるタイプなんだろうな。笑)
スポンサーサイト
soap07.31(Sun)15:11コメント(6)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。